1 / 4212345...最後 »

LEDでRSS表示

LEDモジュールコントローラHSES-LMC1のライブラリHumblesoft_LedMatのexamplesにRSS表示プログラム rss_dispを追加した。

前々から作ろうと思っていたが、作り始めたら、何度も作っているので、すぐにできた。OLED用のRSS表示プログラムを少し修正し、不要部分を削除した程度。 自分の部屋で動かし続けるには、ちょっとクドイが、置く場所と表示するRSSを選べば、十分このままでも実用になりそう。

プログラムのシリアルモニターへの出力を見て、 https のRSSを取得できていないことに気がついた。何もしなくても取得できると思っていたが違うようだ。調べると サイトのfingerprintとかを指定して接続しなければいけないらしい。もっと、なんか、楽に取得できるようにならないかな。

ntp同期LED表示時計

HSES-LMC1と64x32dot LEDモジュールで、ntp同期のデジタル時計を動かすプログラムをライブラリのサンプルプログラムに追加した。プログラムはこちら

ESP8266 Arduinoでntp(ネットワーク・タイム・プロトコル)は簡単に使える。ESP8266のntpの設定は1行で – Qiitaを見て欲しい。

デザインは凝ればキリがない気がしたので、簡単に妥協。使っていて変えたくなったら変えよう。
LEDの明るさは、かなり絞っている。最大設定値が100であるところの2。室内使いでは、これで十分明るい。電源は5V1A。

HSES-LMC1基板はLEDモジュールのコネクタに直挿ししているので、設置はLEDモジュールを適当に立て掛ける感じで良いかと考えていたが、設置場所の本棚の上に置いてみると、かなり不安。急遽 余っているアルミアングル+金具で固定した。

次はRSS表示のプログラムを作って、動かしてみようと思う。自分の部屋で常時ニュースが流れるのはウザいかもしれない。どうなるかお楽しみ。

HSES-LMC1 + LEDモジュールの組み合わせは、13,500円と、ちょっと高いが、LEDモジュール自体はAliExpressで安く買うこともできるので、色んな人に試して貰いたい。

AliExpressでマイコンボード購入

Hi-speedのUSB(480Mbps)が使えるSTM32F205に興味があって、試しに使ってみようと思ったが Nucleoだと7千円ぐらいする。AliExpressだと送料込$20ぐらいで買えるし、すぐに必要というわけでもなかったので、とりあえず注文してみた。Hi-speed USBのPHYボードも購入。技術情報も公開されている。

ものが届いたので、とりあえず以前使っていたST-Link V2と20ピンフラットケーブルで接続、ボードにUSBケーブルで給電し、ST Link Utilityを起動すると認識された。launchpadのツールチェインをダウンロード。STM32CubeMXもダウンロードし、これで作成されたヘッダーファイルやlinker scrpit等を使ってサンプルプログラムを作成、書込もできた。

以前 STM32F405を使っていた時のライブラリを動かそうとするが、I/Oのレジスタの構造は、あまり変わっていないようで、結構そのまま動く。クロックの設定関連で変更があったので、そこだけ変更したら、大体、動いてしまった。

で、次はUSB ? かと、 USB-PHYボードを袋からだすと、USB-TypeAソケットが大きく変形している。余程大きな力が加わった感じ。USBホスト機能は使わない予定なのでTypeAソケットが使えなくても問題は無いのだが、他に損傷が無いか不安。AliExpressは面白いが、油断はできない。

HSES-LMC1 アマゾンにて発売

LEDモジュールコントローラHSES-LMC1をアマゾンにて、やっと発売しました。LEDモジュールも同時発売です。

技術情報、その他詳しい情報は、弊社ホームページを御覧ください。Arduino用ライブラリ Humblesoft_LedMatもGitHubで公開中です。

技術文書、ライブラリ、サンプルプログラムは今後も拡充していく予定です。不明な点、早く拡充してほしい点などあればサポート掲示板に書込をお願いします。

HSES-LMC1を128x96dot構成で試す。

MFT2017で展示・販売したLEDモジュールコントローラHSES-LMC1を表示できる最大構成である128×96 dot 構成で試してみました。64x32dotのLEDモジュール6枚を使用しています。

試してみたら、ファームウェアのバグが発覚、ある程度の規模以上だと、表示がされない。ファームウェア更新プログラムHumblesoft_LedMatライブラリのサンプルとしてリリース。更新の仕方はfirmware.mdを御覧ください。

ちなみにモジュール4枚まで程度でしたら、以前のファームウェアでも問題ありません。現在のファームウェア更新プログラムはWiFi経由で弊社Webサーバーからファームウェアをダウンロードする形になっていますが、よく考えたらネットでダウンロードする必要も無いので、近く作る治す予定です。ファームウェアを更新したい方も、少し待ったほうが、良いかもしれません。
続きを読む… »

MFT2017出展報告

8月5日(土)、6日(日)東京ビッグサイトで開催されたMaker Faire Tokyoに出展したので報告する。

続きを読む… »

MFT2017に出展します

来週8月5日(土),6日(日)に東京ビッグサイトで開催されるMaker Faire Tokyo 2017に(有)ハンブルソフトとして出展します。展示のメインはESP8266(ESP-WROOM-02)を搭載したLEDモジュールコントローラ。ArduinoでLED電光掲示板を操作できます。

特価販売も行います。量が少ないので、ご希望の方はお早めにお越しください。

あまり基板が安かったので(2)

先月記事をたくさん書けたので安心していたら、今月は記事を書けないまま半分が過ぎてしまった。とりあえず、また基板を作ってしまった話を書く。

前々から無線ルータ(Aterm WG1200GS)が熱くなるのが気になっていた。たまに触ってみると心配になるほど熱い。風を当ててやれば熱を感じない程度にまで涼しくなる。ファンレスの設計限界に挑戦!という感じなのだろうか。

熱くても無事動作してくれればいいのだが、ネットがつながらなくなり、ルータの電源を入れなおすと治る、というようなことが何度があったので、ファンで冷やしてやりたくなった。愛用していたDC24Vのファンが見つからないので、USBファンを購入。なかなかの風量で良い感じだが、常時動かし続けるには音が大きい。秋月電子の100円のファンをうまいこと固定できればいいのだけれどと検討を開始する。
続きを読む… »

ESP8266用ILI9341ライブラリの高速化

HSES-LCD24用のILI9341ライブラリとして、Humblesoft_ILI9341を使用している。これは、Adafruit_ILI9341を拡張したもので、Fontxを使った漢字描画機能、scroll機能などが追加されている。 実行速度面では、まったく改善されていない。HSES-LCD24用のデモプログラムを新たに作ろうと思うのだが、描画速度が遅いので、先に高速化を行うことにした。

Adafruit_ILI9341のexamplesにgraphicstestという各種描画機能の実行時間をマイクロ秒単位で表示してくれる。これを使い、実行時間を計測しながら高速化を行った。

最終的な結果の表を以下に示す。塗りつぶし系の描画では7倍前後、あまり高速化できなかったLines等でも1.5倍程度の高速化ができた。 文字の描画も4.68倍高速化されているが、これは若干説明を要する。

今回使用した高速化の手段を以下に示す。

  • CS,D/C信号操作の高速化
  • SPI大量データ転送の高速化
  • クロックの高速化
  • 文字描画の高速化

続きを読む… »

fusionPCBについて

仕事熱心なfusionPCBさんから、前の記事にコメントがついたので、fusionPCBについての意見を書いてみる。

fusionPCBは、中国の格安PCBサービスの先駆けで、私も使ったことある。5年前に記事も書いた。これこれ。 品質に問題は無く、価格も安かったのだが、elecrowが始めた基板の色変更無料の魅力が大きすぎてelecrowに移ってしまった。最初の基板は緑色で問題無いが、何種類も基板を作ると色分けできる意味は大きい。

その後も、時々、elecrowだけに頼るのもなんだから、たまにはfusionPCBも試そうと思うのだが、注文のページで送るファイルの種類や設計ルールを確認しようとして、情報が見つけられず、探すのも面倒になりelecrowに頼んでしまう。

改めて、https://fusionpcb.jphttps://www.seeedstudio.com/fusion.htmlを見直し、感想を書く。

  • seedstudio.comの方は、基板注文のページに”how to generete Gerber files”というリンクが張られ、必要な情報がわかりやすいのは良い。改善されている。
  • Eagle用のcamファイルが提供されているのも良い。 DRC(design rule check)用のファイルはどこ?
  • fusionpcb.jpのページから飛べる基板注文のページには、”how to generete Gerber files”相当のリンクが無い。

あと、twitterで報告される基板のトラブルを見てると、基板のE-Test通してないだろう と思われるケースが多々ある。自分がelecrowに作ってもらった基板の中にも、たまにある。elecrowのページを調べると 100% E-Testと書いてある。fusionPCBの方でも探してみたが、E-Testに関する記述が無い。今はE-Testをしないオプションが無いので、記述も無いのだと思うが、値段も極端に安くなったので、もしかしてE-Testを省いているのではないかと不安になる。この点も明記したほうが良いと思う。

追加! もう1件あった。OPLのページをfirefoxで見ると、javascriptのプログラムが終了しなくて、ブラウザが固まる。なんとかしてほしい。Edgeだと見れるが、かなり重い。

なぜOPLのページを見ているかは秘密。

あまり基板が安かったので

FusionPCBに対抗してだろうが、ElecrowがPCB5枚で$4.9で作れるというので、他の基板のついでに基板を作ってしまう。ものは、ADCに接続してアナログ値で複数のスイッチの状態を読み出すボード。他の装置のデモ用に欲しくて、ユニバーサル基板あたりで作るつもりだったが、$4.9なら費用的にかわらないし、楽に作れるし、断然きれい。

で、早速作り、テストプログラムで動作を確認。あまりノイズは乗らず、9個のスイッチの識別は、全く問題が無い。すぐにデモプログラムの作成に入れそうだ。

音楽の再生には何bit必要?

ESP32のDACに音を出力する場合、8bitというのはどんなもんなんだろう。 bit数が足りないために音声が、まともに聞こえないというのでは困るなぁと思い、実験してみた。

pythonのwavライブラリを使うとwavファイルの操作ができる。これを使って、wavファイルのデータを指定したbit数まで落とすプログラムを作成した。処理に結構時間が、かかるので10秒だけ出力する。

結果、私のPCの再生環境では8bitと12bitの聞き分けができないことが判明。8bitからbit数を落として行ってもホワイトノイズが増えていくだけで、あまり問題無く聞ける。1bitだとノイズがかなり大きいが、それでも曲は判別可能。予想外の結果だった。

変換した結果を以下に示す。元の曲は魔王魂さんのフリー歌もの素材「桜日和」

1bitの音源:(音量注意)

続きを読む… »

ESP32のI2S+DAC出力成功

ESP32_MP3_Decoderのプログラムを調べ、遂にはESP32のI2S+DACから、音声を出力することができた。嬉しい。

Tw_Mhageさんの記事:ESP32でBluetoothイヤホンを作ってみた – Qiitaに刺激を受け、ESP-IDF添付のサンプルプログラムを改造し、Bluetooth Speakerのデモプログラムを作成、公開している。Bluetoothの中身に疎いので、最初苦戦したが、iPhoneに接続し音が出せるようになった。回路は、ものすごく簡単なので、ESP32のモジュールを持っている人には、一度試してもらいたい。

ESP32_MP3_Decorderを動かしてみた。

ESP32のI2Sで音声出力の実験をしているが、なかなかうまくいかない。サンプルプログラムを元にプログラミング・ガイドを見ながらDACに音声を出力させようとしているのだが、うまくいかない。部分的にちゃんと波形は出力されているのだが、うまくつながらない。周期も変。

資料も少ないし、動いたという例も無いと思っていたところESP32_MP3_Decoderの存在を知る。試してみると、いろいろ問題は、ありながら、断続的に音が出た。MP3のデコードも自前でやっているらしい。


続きを読む… »

intel hexファイルのマージ

PIC32MXのプログラムを開発中、2つのintel hexファイル(bootloaderとfirmware本体)を1度に書き込みたいと思ったのだが、pic32progではできない。objcopyあたりでmergeできるか調べるが,無理そう。hexファイルのmergeならpythonで自分で書いても簡単そうなので書き始めるが、念のため python + intel hexで検索したら、ライブラリ、その名もintelhexがあった。ドキュメントによるとmerge機能まである。サンプルを見ながらプログラムを書き、あっさり動作。凄いね。世の中は。

import sys
from intelhex import IntelHex

usage = "%s hex_infile1 hex_infile2 hex_outfile" % sys.argv[0]
if len(sys.argv) != 4:
    print(usage)
    sys.exit(1)

infile1, infile2,outfile  = sys.argv[1:]

ih1 = IntelHex(infile1)
ih2 = IntelHex(infile2)
ih1.merge(ih2, overlap='ignore')
ih1.write_hex_file(outfile)

ドキュメントによると、ライブラリにhexmerge.pyというユーティリティが付属し、ライブラリと一緒にインストールされるとあったが、わたしの環境では見付らない。これが使えれば、プログラムを書く必要すら無い。

1 / 4212345...最後 »