電源装置の修理 兼 改造

壊れたトランス(左)と改造後の電源装置(右)

年末、実験用電源装置が壊れてしまった。基板を実験後、通電したままにしていたら、何かが接触したようで電流が流れすぎたらしい。何か匂いがしたのだが、久しぶりに通電した暖房機でもあるのかなとか思っていたら、電源装置のケースが暖かい。ヒューズは切れていた。

壊れたままだと不便なので、0.1Aのヒューズを入れてスイッチを入れるが電源が入らない。ヒューズを見ると切れている。ヒューズの値が小さすぎたのかもしれないと思い、1Aのヒューズを入れて再度電源を入れると、ボンという音とともにヒューズが切れた。トランスがショートしてしまったらしい。

トランスを買い直すのも面倒。余っているスイッチング・レギューレータを探すと24V2Aのものがあった。サイズも良い感じなので、これに置き換えることにした。

改造後の電源装置の中身

ケースを採寸し、鍋CADで図面を作り、スイッチングレギュレータと回路を固定するアルミ板の型紙を作成。穴あけ、切り出し、折り曲げを行いアルミ板完成。組み立て後、配線し完成。恐る恐る電源を入れるが問題なし。無事、電源装置の修理兼改造が完了した。

ちなみに,電源装置をケースに収めたのは1999年の事だった。安定化電源の回路はこのキットの前のバージョン(基板がユニバーサル基板ベースのもの)を使っている。回路は多分同じ。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。