stm32f4xx 基板到着

先週注文したstm32f4xxの基板が予定通り午前中に到着。動作確認を行うためCPU周りの最小限の部品だけ実装する。

プログラム書き込みは、いつものOLIMEXのARM-USB-OCDでもできるはずなのだが、ST-Linkも使用できることが分かったので買ってみた。秋月電子で2,500円だ。

付属のよさげなケーブルはSTM32では使用不可

接続するために資料を見ると、付属のよさげなケーブルはSTM-8でしか使用できないことが判明。厳密には、指す場所を変えればSTM-32でも使えるかもしれないが、ピンソケットに書かれた信号名が違ってしまうので使う気にならなかった。

ARM-USB-OCD用の自作ケーブルとジャンパーケーブルで接続。ST-Link UtilityをつなぐとCPUが認識されたので、これは順調かと思いきや、ハマってしまった。テストプログラムを書きこんでもLEDが点滅しない。

散々調べた挙句判明した原因は、ST-Linkとの接続ミス1箇所とスタートアップルーチンから予期せぬタイミングでSystemInit関数が呼び出されていたこと。 水晶の周波数を手持ちの部品の関係で設計値と違うものを使っていたので、pllの設定を行うSystemInit関数で引っかかることは予想できていたので、呼び出し部をコメントアウトして試していたつもりが、予期せぬ場所から呼ばれて止まっていた。

わかってしまえば、あとは順調で、コマンドプロンプトまで動作するようになった。
めでたしめでたし。

Comment

  1. […] 基板を発注することに抵抗が少なくなった。試作しようとする回路にユニバーサル基板に載らないICやコネクタがあると、すぐに基板製造を考えるようになった。ピッチ変換基板を使う気なんて全く起きない。 で、現在設計中なのが画像の基板。例によって、まだあまり真面目に調べていなくて動かし始めればちゃんと資料読むでしょうという感じ。 設計しながら、digikeyは便利だと,しみじみ思う。国内では見つかい部品がバンバン買えるし、抵抗やコンデンサなど普通の部品も揃ってる。使いやすさには疑問が残るが、検索もできるし、データシートも見れる。 送料2,000円が痛いので、通常は7,500円以上注文し、送料を無料にするが、たまに買うものが無くて送料を払わなければならなくなった時はくやしい。 ちなみに、前の基板は順調に動いている。現在、ソフトウェア実装中。CPUをstm32f1xxからstm32f4xxに変更したせいで、ペリフェラルの制御レジスタがいろいろ変わっていてちょっと大変。 […]

  2. […] stm32f4xx 基板到着から2週間が経った。stm32f1xxからI/Oの使い方が、いろいろ変わっていて面倒だが、一応順調にプログラムの移植作業は進んでいる。ネットワーク・インターフェースも動作しDHCPの動作まで確認できた。 ネットワークのライブラリにはuIPを使用している。シンプルな作りでわかりやすいし、使いやすい。気に入っている。今回uIPがバージョンアップしていないか確認してみたところThe Contiki OSというものになってしまったことを知る。これに直ぐに対応したい気がするが、そうすると結構時間を喰ってしまいそうなので、とりあえず以前のuIPのままで移植を進めることにする。余裕ができてからContiki OSにも取り組んでみたい。 今回の基板には、128x64dotのモノクロ・グラフィックLCDとスイッチ4個のコンソールが付くのでちょっと楽しみである。早いとこ、ソフトを動かしてケースの設計に移りたい。 […]

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。