基板レイアウト 配線完了

いろいろ恥ずかしいところはあるのですが...
基板設計完了?

終わらないのではないかとも思われた配線作業もついに終了。WinboardのDRC (Design rule check)をかける。わけのわからぬ擬似エラーが山ほどでるのではないかと、心配したが、意外に的確なエラー表示。電源・グランド シュート数箇所、ギャップ不足多数見つかった。しかし、winboardの配線のnetlist的な認識の仕方(意味わかります?)が よくわからない。配線しても、なにかの拍子で 未配線ネットとして表示されることがよくある。配線済みのトラックも3個所以上接続しているものは、分離できちゃうし、どうなってるんでしょうね?この辺のことがわかれば、擬似エラーも消せてもっと楽に作業ができそうに思うのだけど、マニュアルを読んでも書いてない..明日、もう一度チェックして、www.pcbpro.comに 発注だ!

L-Card+用ユニバーサル基板

ついにゲットだぜ
L-Card+ユニバーサル基板
安い!
4枚で$99+$15(送料)

事務所に来ると、クロネコヤマトのご不在連絡票が2枚。さっそく電話して、再配達を依頼。昼前に、基板到着。 受け取り時に消費税を500円払うが、価格は $99 + 送料 $15と 爆安! 帰宅後動作チェックだ!といっても、電源関連のショートさえなければいいのだが..部品が揃って来たので、次の展開(気が早すぎる?)のために FLEX10K30の144Pin TQFPの値段をヒューマンデータに問い合わせるとアッ!と言う間に返事が来て驚く。アルテラ製品はすべて寄り寄せ可能、FLEX10K30A(EPF10K30ATC144-3)が8,000円だけど、ACEX(EP1K50TC144-3)は4,100円でお得ですよ、と有難い情報を頂く。5万ゲートクラスかぁ。腕が鳴るなぁ。前職を活かせるか?

帰宅時、トランジスタ技術7月号と「なぜ、この人たちはお金持ちになったのか」を購入。トラ技では、CPLD設計の連載が始まっている。流行なんですね。^_^;赤松さんの PCIボードの製作記事もある。次号の特集は「実践入門 ロボット製作」だそうだ。AAFARM Yamamoto氏の原稿ってこれなのね。本の話題をもうひとつ。「聞く技術」が人を動かす。多くの実例(悪い会話例と良い会話例)があり、実際的で良かったです。お勧めします。わたしにも役に立つはず。また読み直す必要はあるなぁ。7つの習慣をひとつも思い出せない今日この頃…

帰宅後、L-Card+用ユニバーサル基板をチェック。電源のショートなどはないようだ。コネクタのフットパターンが若干ずれている。全長 31mmに対して、0.3mmぐらいずれている程度なので、半田付けはできるが なぜだろう。Gerberファイルの精度不足か?次は気をつけなければ。コネクタを半田付け、再度 電源ショートが無いことをチェックしたあと、L-Card+へ装着。 電源投入で無事起動できた。

WinBoardでL-Card+の拡張基板のパターンを描いてみる

今日の 産経新聞 の産経抄 にあるアメリカ大統領に靖国神社に参拝してもらおう、というアイデアに感心する。産経抄では、初夏の夜のゆめ として紹介しているが実現したらいいなぁ。WinBoardでL-Card+の拡張基板のパターンを描いてみる。どうやら 回路のピン数は700ぐらいになりそうで、わたしの350ピン制限版では作成できないことがはっきりした。まぁ無制限版が必要ということよね。値段は WinBoard + WinDraftで $990。Data DynamicsでIVEX COMPLETE PROを 129,000円で売っているけど、Gerber Viewerって必要なのかな?