1 / 11

DE0 VGAキャプチャーモード進捗(3)

140527a6VGAキャプチャーモードで取り込んだ画像を小型OLEDに表示することが出来た。連続表示はまだで、現在は1枚づつコマンドで表示させている。以前は、データを直接SDRAMに書込、VGA出力の方に連続表示させようと考えてたのだが、帯域不足で表示が乱れるので、FPGAの内蔵RAMに蓄えるように変更した。今後、連続表示も実装し、ちゃんと動作することを確認したい。
続きを読む… »

DE0 VGAキャプチャーボード進捗(2)

140211a4細々と開発を進めてきたVGAキャプチャーボード、DE0側の回路が出来たので実験してみたところ、なんか動いてデータを取り込んでいるようなのだが、SDRAMの帯域不足で画面表示が乱れてしまう。今後どうしようか検討中。
続きを読む… »

DE0にBitblit機能を組込んでみた

130905a1DE0で、いろいろ実験して遊ぶベースとして長船さんのCinerariaのCPUをNoisII/eに変えて使用している。PS/2キーボードをつなぎ、自作のコマンド・インタプリタを走らせ、これで、いろいろ実験できるぞと思ったのだが、画面のスクロールの遅さが気になる。

文字の描画は8×16のフォントを読み出し、1pixelづつ書き込むという動作をソフトウェアで行っており速度的に不満は無い。画面のスクロールでは、ほぼ画面全体(640x480x2byte = 614.4Kbyte)をmemmove関数で転送していて、これが目に見えて遅い。
続きを読む… »

論理回路設計環境

130822a1DE0用に回路設計中。適当にverilogで書いて、QuatusIIでコンパイルしてエラーが出なくなったのでシミュレーションでデバッグを始める。ModelSim Starterをインストール。最初、使い方が全然わからなかったが、いろいろいじっているうちに自動生成されているtclのスクリプトに気が付き、いろいろ使えるようになってきた。verilogでテストベンチを書き、動作の確認を始める。

なかなか使いやすい。前の会社でMentor上でverilogを使い始めたころを思い出す。当時は当時で、論理シミュレーションの結果があまりにも早く出るのに驚いたのだが、それ以上の環境が手に入ったようだ。
続きを読む… »

DE0再び

130626a4久しぶりにDE0をイジっている。年度末にCore i7と120GBのSSDとWindows7の乗ったパソコン工房のパソコンを買ったのだけど、いろいろ性能を比較しても5年前に買ったCore2 Quad Q6600のパソコンと差が感じられない。唯一、速いかもと思ったのがQuatusIIのコンパイル速度だったので、DE0でやり残したことを、このパソコンでやってみることにした。
続きを読む… »

DE0で12bpp表示

やっとDE0のVGA出力で12bpp表示ができた。FPGA ボードで学ぶ組込みシステム開発入門 ~Altera編~が参考になった。
続きを読む… »

DE0ビデオデコーダボード進捗

謎基板ことDE0用ビデオデコーダボードの進捗だが、あまり進んでいない。まず、読み込んだデータを出力しやすいように24bpp化しようと考えたが、そもそもDE0のVGA出力はRGB各4bitの12bppだった。データの読み出しだけでも24bpp化しようとするがSGDMAがエラーになる。メモリーの構成を調べるとSDRAMのデータ幅は16bitで、50MHzで動作していた。25MHzで32bitのデータを読み出そうとしても間に合うはずがない。SDRAM自体は166MHzまで動作できるようなので、クロックを100MHzにあげてみたが、反応は変わらない。
続きを読む… »

メニューとか作っています

stm32f4xx基板とPOVの実験装置には、表示装置と操作用のスイッチが付いており、単体でいろいろ操作できるようになっている。そのためにメニューを表示したり、選択したりするプログラムが必要になる。そういうものは過去に何度か作ったことがあるので同じようなものを作って使っていたのだが、メニューを追加する必要が出てきた時に、非常に面倒に感じ、考えこんでしまった。
続きを読む… »

謎基板組み立て

部品が揃ったので謎基板を組み立てる。この基板はANALOG DEVICESのビデオデコーダADV7181CをterasicのFPGAボードAltera DE0に接続するためのもの。うまく行けば、最大1280×1024のVGA(SXGA)信号を読み込める。
続きを読む… »

DE0でVGA出力

Hello World DE0と
小型LCDディスプレー

DE0でVGA出力がやっとできた。

SOPC Builderで SGDMAとか組込み,いろいろハマりながら試行錯誤を繰り返しやっと出力できるようになった。640dot x 480dotの8bppなので256色表示。

しかし、この先、何かを作るあてがないので、DE0でのお勉強はここで一旦終わることにしよう。

DE0いじってます

VGA信号出た!

6月に買ったterasicのAltera DE0 Boardをいじっている。SOPC BuilderでVGA sync generatorを組込みVGA信号がでるようになった。まだDMAの設定をやっていないので、まともな絵は出ない。

DE0勉強中

いろいろ並ぶ机の上

Altera DE0 boardの勉強中。写真は、DE0付属のサンプルをダウンロードし動作させているところ。モニタは、前に秋月で買ったもの。小さくて便利なのでちょくちょく使っている。でも1万5千円ぐらいするので、いまだったら19インチのモニタが買えてしまう。でも小型でDSUB入力があるモニタは貴重な気がする。

手前はiPad。 PDFリーダとして活用中。パソコンで読むより読みやすい気がする。持ち歩けるのも便利。

DE0も購入

DE0 中身

トランジスタ技術7月号に載っていたNoisIIIが使えるFPGAの学習ボードAltera DE0 Boarddigikeyから購入。

spartan3ボードは、あまり活用できなかったが今度はちゃんと使いたいものだ。って、6年前の話? 本当に進歩していないなぁ。

1 / 11