1 / 11

pcbcartから返事

添付されていたtab-routing案

先週発注した謎基板についてpcbcartから質問が来た。4枚面付を10枚という注文だけど、40個にバラすのと、tab-routingで10枚で送るのとどっちがいいか?tab-routingの方がよければ、添付したファイルのやりかたでいいか確認してくれとのことだった。
続きを読む… »

またも基板発注

ナントカもどき

前から気になっていた基板をPCBCartに発注。簡単な回路なのですぐできる。100枚つくって送料込みでも1万円を切った。

kumaduino

年中行事となった感のあるArduinoコンパチ基板の作成を今年も行う。今年で3年目だ。昨年作ったのはBoarduinoもどきで、一昨年作ったのはNanoもどき

基板200枚到着 こんな感じ 部品を実装(表)

続きを読む… »

Boarduinoもどき到着

100枚 組み立て!

PCBCartに注文していた自作Boarduinoもどきボードが予定よりも若干遅くなったが昨日到着。本日、動作確認完了。

自作Arduinoボードもこれで3作目。今回は、価格の安さと組み立てやすさ、ブレッドボードに差した時の使い易さに重点を置いて製作。これも、大学内での製作講習会などで使用する予定。

基板発注

発注! boarduinoもどき

先週作っていた基板を先週末p-banに発注したのだが、毎度のことながら、データにエラーがありやっと昨日受け入れられた。で、機能 もう1枚基板を設計し、こんどはpcbcartに発注。こればBoarduinoもどきなので、わりと簡単にできた。両基板ともミスがなければ良いなぁ。

基板到着

基板100枚 nanoもどき

PCBcartから基板が届く。梱包の仕方が面白い。右の写真は左から Arduino Nano(純正)、今回PCBCartで作った基板、前回Olimexで作った基板。

シルクとパタンが重なって文字が読みにくい部分が多く発生したのが今回の反省点。次はちゃんとチェックしよう。組み立てて無事動作することを確認。

この基板は熊大からくりサークルでの組立て講習会などに使用する予定。

PCB Cart

基板

PCB Cartに初めて基板を発注してみる。小さい基板を100枚で送料込み約$130。確かに安い。ドリル穴も0.2mm(8mil)まで使えるようだ。でも0.4mmに修正したら$20ぐらい安くなったので今回は最小穴径は0.4mmにした。

EAGLEのbrdファイルも受け付けるとあったので、送ってみたら、確認してくれとpdfファイルがメールで送られてきた。見ると、シルクがぐちゃぐちゃ。表面用のデータが裏面に混じって印刷されている。違っているよ、こう直してねとメールを出したら、ちゃんと修正したデータのpdfファイルが送られてきた。できれば次回はGerberデータか、シルク用の指定つきで注文してくれとメールに書いてあった。EAGLEにはまだ十分慣れていないようだ。

1 / 11