h_nari @ 熊本市のブログ。電子工作、プログラミング、ゲーム、TV、 政治、インターネットなどに日々の思い付きを、 うだうだ~と書いていきたい。
このブログにはコメント欄を設けておりません。 記事への御意見、ご質問はtwitter @h_nari宛に お願い致します。


アーカイブ

メタ情報
RSS
Login

ネットで市民運動

例えば「レジ袋の有料化は許せない。撤回すべき。」 と考えている市民があるとする。 どのようにすれば、この市民は思いを実現することができるだろうか? あるいは実現するよう努力する方法があるだろうか?

市民の政治参加であれば、 まずは投票であろう。 しかし、レジ袋有料化廃止を公約に掲げる政党や候補者が いなければ投票のしようもない。 いたとしても、日本の有権者が1億人、投票率が60%として 1/6千万分の意見表明に過ぎず、 実現に努力できた感じはしない。

となると、次は市民運動団体を立ち上げ、 賛同者を募ることになるだろう。 と言っても、デモ行進や署名活動が 政治圧力になる気はしない。 投票行動で政治家に圧力をかける というのが真っ当なやり方。 100万票集められれば、 十分な影響力を行使できると思う。

これを現実に行うとすると 大変な事業だ。100万票レベルを目指すとなると、 全国の都道府県、市区町村レベルにまで支部を持つ 全国組織が必要となるだろう。

ネットで市民運動

しかし、これをネット上で行うとしたらどうだろう。 現状、そのようなことができるサービスやアプリが存在しているわけではないので、 将来、それらが整備された上での話だ。 どのようなサービスがあれば、市民運動をネット上で行い、 100万人の賛同者を集めることができるだろうか。

まず欲しいのは、議論を行う掲示板だ。 レジ袋有料義務廃止について議論を行い、 論点を整理する。そこである程度の賛同者を 得られるようであれば、運動の執行部を形成し、 運動を始めることになる。

次に欲しいのは、議論で得られた情報を整理し、 みんなに提示できるサービス。 Wikiをイメージしている。 ここにレジ袋有料義務廃止運動の具体的目標(省令廃止?)や 根拠、反対意見に対する反論などを書いておく。

twitterで賛同者数を調べる

最後に欲しいのは、賛同者の数を調べるツール。 例えば、毎週決まった曜日に執行部が レジ袋有料義務廃止の ツィートを行い、賛同者はそれを リツィートする。 リツィートはやりづらいという人はイイネを押す。 ツィートの2日後ぐらいで、リツィート数とイイネの数を記録し、 賛同者の数とする。

賛同者の数を得ることにはいくつものメリットがある。 まずは、活動の状況を表す数字を得ることで、 活動の状況を知ることができる。 この数字が増えていれば、活動は順調に拡大しているのだろうし、 減っていれば、うまく言っていないのだろう。 増やしていくためには、ツィートの内容も洗練されている必要があるし、 活動内容や目標も説得力のあるものである必要がある。

次に、賛同者に具体的な行動をお願いすることで、参加意識を高める効果がある。 賛同者は参加することにより、リツィートの数、イイネの数にも興味が湧くのではないか。 活動自体への興味もわき、より深く活動に関わってくれるのではないかと期待できる。

最後に、この数が大きくなれば、政治家、政府、社会にたいして影響力を発揮できる。 ただし、それには、相当大きな数、100万近い数が必要だし、 その数が選挙にどの程度影響するかは、選挙結果で答え合わせされることになる。

最後に

まだまだ足りないサービスはあると思うが、 ネットを利用することで市民活動が容易になり、 市民が政治に参加しやすい社会が実現可能であると考えている。 そのために 日本ネット会議という掲示板を始めた。

市民が政治に参加しやすい社会になったら良いねと思ってくれる人は、 是非、日本ネット会議にユーザ登録し、 雑談 練習でもいいので何か投稿して欲しい。 もし、問題(バグ?)があって投稿できないとか 投稿の仕方がわからないという場合は question@net-kaigi.jp まで連絡して欲しい。