HSES-LCD24に文字を表示するプログラム(1)

s_160802a7HSES-LCD24は面白い、ということを伝えていきたいと思う。そのために、HSES-LCD24の簡単なプログラムを紹介します。
機能がありすぎて、どんなプログラムにするか悩みますが、基本的な機能でかつ応用が利く、WiFi経由で文字や図形をLCDに表示するプログラムを作っていくことにしました。

まずは、単体で、LCDに文字を表示するプログラム。使用するライブラリはAdafruit_GFXとAdafruit_ILI9341。インストールされていなければ、インストールしてください。(->Adafruit_ILI9341のインストール)

スケッチ(プログラム)は簡単で以下のようになります。

#include "Adafruit_GFX.h"
#include "Adafruit_ILI9341.h"

#define TFT_DC 15
#define TFT_CS 2
#define TFT_RST -1

Adafruit_ILI9341 tft = Adafruit_ILI9341(TFT_CS, TFT_DC, TFT_RST);

void setup() {
  tft.begin();
  tft.setRotation(3);
  tft.setTextSize(5);
  tft.fillScreen(ILI9341_BLACK);
  tft.setTextColor(ILI9341_GREEN);
  tft.setCursor(50,80);
  tft.print("Hello ");
  tft.setCursor(100, 140);
  tft.setTextSize(4);
  tft.setTextColor(ILI9341_YELLOW);
  tft.print("ILI9341");
}

void loop() {
}

実行すると下の写真のように表示されます。

s_160802a7

Adafruit_ILI9341で使えるメソッド(関数)のリストはWikiにまとめました。Adafruit_ILI9341クラスはAdafruit_GFXクラスを継承していますので、そのメソッドも使えますし、さらにPrintクラスも継承していますのでSerialクラスで使用できるprintやprintlnメソッドも使えます。使えるメソッドをwikiに抜き出してみました。

tft.setRotation()で描画の方向を設定できます。引数の値と表示の関係を調べるため、次のスケッチを動かしてみました。

#include "Adafruit_GFX.h"
#include "Adafruit_ILI9341.h"

#define TFT_DC 15
#define TFT_CS 2
#define TFT_RST -1

Adafruit_ILI9341 tft = Adafruit_ILI9341(TFT_CS, TFT_DC, TFT_RST);

void setup() {
  int i;
  
  tft.begin();
  tft.fillScreen(ILI9341_BLACK);
  tft.setTextSize(3);
  
  for(i=0;i<4;i++){
    tft.setRotation(i);
    tft.setCursor(10,10);
    tft.print("rotation=");
    tft.print(i);
  }
}

void loop() {
}

実行すると次のようになります。

s_160802a2

tft.setTextSize()で文字の大きさを整数倍に大きくできます。 これもテストプログラムを作ってみました。

#include "Adafruit_GFX.h"
#include "Adafruit_ILI9341.h"

#define TFT_DC 15
#define TFT_CS 2
#define TFT_RST -1

Adafruit_ILI9341 tft = Adafruit_ILI9341(TFT_CS, TFT_DC, TFT_RST);

void setup() {
  int i,j;
  tft.begin();
  tft.setRotation(3);
  tft.setTextSize(5);
  tft.fillScreen(ILI9341_BLACK);
  
  tft.setCursor(30,10);
  for(i=0;i<=6;i++){
    tft.setTextSize(i);
    tft.setCursor(10, tft.getCursorY()+3);
    tft.print("Size=");
    tft.println(i);
  }
}

void loop() {
}

実行すると、次の写真のようになりました。 size=0と1に違いはありません。

s_160802a5

setTextSize以外にsetFontで大きなフォントを設定する方法もあります。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。